efdccda50521680c43c073550435a0df_s

 

健康意識が高まる日本では、健康サプリメントや健康によい食材に関するテレビ放送が急増しています。

食物繊維を摂ることを意識するのも健康によい方法の1つ。
野菜で撮るのもよいですし、スムージーなどの栄養素たっぷりの飲み物で補給するのもよいことです。

しかし、健康によいと言っても大事なことは続けなければいけないということです。
継続できなければ体質の変化は起こりにくくなります。

日々の生活で継続しやすい食物繊維を摂取することができる
飲み物とその理由を解明していきます。

食物繊維はなぜ健康によいのか

食物繊維を摂ることで、排便の調子を良くするだけでなく腸を通過する際に
腸内部の洗浄効果もあると言われています。

腸の内部が清潔な状態に維持されることで、体臭が抑えられることにもつながりますし
体の中で細菌の繁殖を抑制することにもつながるだけでなく善玉菌を増やしてくれると考えらています。

また、食物繊維を多く含むものには、水分も豊富に含まれていることが多く
したがって水分不足により起こり得る、動脈硬化や高血圧などの症状にも予防につな がる働きが期待されています。

このように、食物繊維は体調を崩さないようにするための重要な役割を果たしている栄養素の1つと言えます。

食物繊維はどのくらいとれば良いの?

食物繊維は基本的に野菜や果物にも多く含まれています。
しかし、1日のうちで必要な食物繊維の摂取量というのは、年齢によるばらつきがありますが
男性の場合18g以上、女性の場合17g以上と言われています。 ここで重要なことは手っ取り早く忘れないうちに
1回の食事で17g〜18g分の食物繊維を摂取すれば健康維持につながると思い込んでしまうことです。

1日 の目安量というのは3食の食事の中でバランス良く摂取することが理想とされています。
そのため、1回の食事どか食いをしてしまうと逆に体の消化を司る腎臓などの臓器に負荷がかかってしまうことがあるので
バランス良い食事をとることが重要と言えます。

継続しやすいオススメ飲み物とは一体

バランス良く、適切な量の食物繊維を苦もなく取り続けるのに最適な飲み物があります。それは、青汁と抹茶です。

青汁や抹茶に含まれている食物繊維には、たった2包で1日分の必要な食物繊維を摂取することにつながる分量が含まれています。
また、食物繊維だけでなく複数の野菜が含まれている特に青汁には多くのビタミンが含まれていることからバランスの良い飲み物としても認識されています。

ビタミンは、熱を加えてしまうとビタミンが壊れてしまうという作用がありますが、飲み物として飲む場合、煮出してもその煮汁を飲めば栄養分を損なうことなく
体に取り入れることが可能となります。

大麦若葉やクロレナなどの食物繊維たっぷりな青汁や、カテキンなどを多く含む抹茶には血管の病気を防ぐ
バランスの良い組み合わせの食材と栄養素の宝庫であるため継続して飲んでいただきたい飲み物です。

また、便秘改善にも効果のある食物繊維ですが、一番大事なのは水分不足の解決です。
飲み物にすることで水分と食物繊維を両方摂取することができるので、摂取方法もバッチリなのです。

まとめ

テレビ放映を見て自分も初めてみようという心がけは素晴らしいのですが、効果がすぐに出るものというのは多くはありません。

根本的に体の不調を食事から 改善しようと思うと、継続して長いスパンで続けられることが条件となりますので
自分が長く諦めずに継続できるものを行うようにしましょう。食べ物の場合、同じものを毎食食べるのは飽きてきますが
飲み物の場合はそれほど飽きにくいものですので、青汁や抹茶を飲んで健康な体作りに活かしていただければと思います。

食物繊維おすすめサプリ

こちらのサイトで食物繊維サプリについて詳しく比較していたので、紹介しておきます。