c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s

食物繊維と言えば便秘解消に良いというのは有名な話ですよね。

そんな食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。

どちらも体にとって有益な働きをするのですが、特に水溶性食物繊維は体にうれしい効果がたくさんあります。
そんな水溶性食物繊維を掘り下げて考えてきましょう。

水溶性食物繊維の効果

文字通り水に溶ける食物繊維の事で、水に溶けるとどろどろのゲル状になります。
納豆やオクラ、海藻のネバネバ成分や野菜や果物に多く含まれています。お腹 の中で溶けてゲル状になった

水溶性食物繊維は腸内で体にとっても重要な働きをします。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、善玉菌のバランスが優位だと 腸の中がきれいに保たれ便通を良くしてくれるのですが

悪玉菌が優勢だと便秘になったり腸内環境が悪化して大腸がんなどの原因にもなってしまいます。

 

水溶 性食物背には腸の善玉菌のエサになるため、善玉菌の働きが活発になり腸内環境を整えてくれるため

便通改善効果が期待できるのです。また腸の蠕動運動も刺 激して排便を促進してくれうるのです。

それによって大腸がんなどの予防にもつながります。

便秘解消だけじゃない!水溶性食物繊維のうれしい効果

腸は便を作り出して排便する臓器なのですが、それ以外にも食事中の栄養を吸収して

肝臓に栄養を送るという働きをしています。なので暴飲、暴食などしている と腸からどんどん余分なエネルギーが吸収されて

肥満を招いたり、糖尿病、高血圧、脂質異常症などのメタボリックシンドロームを引き起こすことにもつながる のです。

 

そんなとき水溶性食物繊維を摂取すると、腸の中で栄養素の吸収を阻害するためこれらの疾患の予防へとつなげることができます。

 

食事から取った糖質 の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑えて糖尿病の予防、脂肪の吸収を阻害しコレステロール値や中性脂肪上昇の抑制

とりすぎたナトリウムの排泄を促し高血圧予 防などたくさんのうれしい働きをしてくれるのです。

水溶性食物繊維を上手にとる方法とは?

日本人は食物繊維の摂取量が不足しがちといわれていますので、普段の食事を意識する必要があります。

まずは野菜の摂取を意識しましょう。毎食必ず野菜料理 を用意して、量としては生野菜でカサが多いものなら両手1杯分

加熱したカサが減ったものなら片手1杯分が目安です。またネバネバ食材の納豆、オクラ、長 芋も献立に組み入れることがおすすめです。

さらにわかめなどの海藻にも多く含まれているので意識してとるようにしましょう。

 

といって普段から食べる習慣がないという方は実際の食事に組み込みにくいのが悩みどころです。

そんな方にお勧めなので、野菜蒸しです。一度に野菜をまとめ て蒸し器やレンジで加熱しておいて冷蔵庫に常備しておけばいつでも手軽に食べることができます。

お好みでポン酢やドレッシングで食べると良いでしょう。わ かめといえば味噌汁くらいしか思いつかないという方は、サラダに入れたり、炒め物にしても美味しく頂けます。

 

乾燥わかめを使用すれば食事の中で野菜が足り ないなというときにスープやご飯に入れれば簡単に水溶性食物繊維を補充できます。

お腹の中で水溶性食物繊維がゲル化していることによって、食事を減らして も満足感を得ることができますのでダイエット中の方もぜひ取り入れたいですね。

 

水溶性食物繊維は積極的に摂取しよう!

水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状になることによって、腸の蠕動運動を良くしたり腸内環境を改善することによって

便秘の解消のみならず大腸がんの予防にも なるのですね。さらに余分な糖質や脂質、ナトリウムの吸収を阻害することによって

生活習慣病の予防にもつなげることができます。普段から便秘が気になる方 や、生活習慣病を予防したい!

と考えている方は普段不足しがちな水溶性食物繊維を積極的に食事に取り入れましょう。