7d90b7d87295b1c752d2bb4128f95067_s

食物繊維というと便秘などの解消をしたりなど体に良い!というイメージがありますよね。

そんな食物繊維は実は大きく分けて2つの種類に分けることができます。

水に溶けやすい水溶性食物 繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があるのですが中でも

不溶性食物繊維は健康効果と病気の予防に関して見逃せない働きをしてくれるのです。

そんな不溶性 食物繊維について確認してみましょう。

不溶性食物繊維の特徴と効果

文字通り水に溶けにくい性質を持つ不溶性食物戦には、野菜や果物の茎や筋、皮、豆の皮薄皮、穀物、キノコなどの多く含まれています。

 

食事でとった不溶性食 物繊維は胃の中で水分をスポンジのように吸収し大きく膨らみます。

その後消化が進んで腸内に行くと便を作る元となり腸の蠕動運動をスムーズにさせて排便を スムーズにしてくれます。

 

さらに水溶性食物繊維と比べると発酵性は弱いものの、大腸内での発酵によって善玉菌を活発にして腸内環境を良くしてくれるので す。

 

古くは食物繊維はただの食事の食べカスとしか考えられていなかったのですが、腸内の環境を整え

お腹をスッキリさせるなど実際は体の中で大変重要な働きをしているのですね。

腸のお掃除だけではない不溶性食物繊維の働き

不溶性食物繊維は腸のお掃除屋として大活躍しているのですが、それによって体にさらにうれしい働きをしてくれます。

 

便というのは体の老廃物の塊で、便秘がずっと続くと体の代謝が落ちたり有害物が停留してしまいます。

 

しかし不溶性食物繊維によって排便が常にあると、体のめぐりがよくなり代謝がアップしたり

体 内から有害物がない状態で活き活きとした体になるのです。

 

さらに腸は体の免疫をつかさどる臓器でもあるので、いつも排便があって腸がきれいだと体の調子を 整えてくれるのです。

 

不溶性食物繊維で予防が期待できる病気

不溶性食物繊維を多く含む食材は噛みごたえがあるものが多いので

よく噛むことによって食事の量を減らしても満足感を得ることができます。

 

さらにお腹の中 で水分を吸収して膨張するので、食べ過ぎ防止にもなります。

なので食べ過ぎからくる肥満症、脂質異常症、糖尿病などの予防に期待できます。

 

さらに食物繊維 を噛むことによって歯の歯垢が落ちて虫歯予防にもつなげることができます。

 

不溶性食物繊維の一番の特徴である腸への働きによって、大腸がん、憩室症、虫垂炎などの予防を期待できます。

 

大腸にずっと便がたまっていると老廃物がずっ とある状態なので、腸壁がどんどん傷つけられたり

新陳代謝がうまくいかなく発がん性物質が排除されなくなって大腸がんへとつながる可能性があります。

 

また 憩室炎や虫垂炎についても便が詰まって起こる可能性があるので、不溶性食物繊維での

スムーズな排便によって予防が期待できます。

 

さらに便が腸にずっとある とどんどん硬くなってしまい排便時に肛門を傷つけて痔を起こしやすくするので、不溶性食物繊維による

定期的な排便と善玉菌の効果によって便が柔らかくなり 排便がスムーズになることによって痔の予防にもなります。

不溶性食物繊維の摂取は毎日の食生活に気をつける

不溶性食物繊維は私たちの体の中で主に腸への働きをする栄養素の一つで、水分を吸収して

腸の蠕動運動を活発にしたり腸内環境を整えて便通をよくする働きに よって予防できる病気も多数あります。

 

日本人は食物繊維が不足しがちと言われており、普段の食事から意識的に摂取する必要があります。

 

野菜の中でもレタス などの葉物ではなく根菜類や、穀物の中でも玄米や大麦などの精製があまりされていないもの

キノコ類などを意識してとると不溶性食物繊維を上手に摂取する ことができます。

 

また野菜や果物の筋や皮は取りがちですが、不溶性食物繊維の宝庫なので食べることができるものは残さず食べることをお勧めします。

毎日の 食生活から不溶性食物繊維をとって腸の中から健康になりましょう。