288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

食物繊維の基礎知識

食物繊維はダイエットに役立ち健康に良いということはご存知の方も多いのではないでしょうか。
食物繊維は正しい取り方やその効果を知ることでダイエットに役立つものです。

その食物繊維には「水溶性食物繊維と「不溶性食物繊維」の2種類あります。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維に分類されるのが、野菜に多く含まれるペクチン、海藻に多く含まれるアルギン酸、

こんにゃくの主成分であるグルコマンナンなどが挙げられ。特に海藻に多く含まれています。

 

水溶性食物繊維は水に溶けると特有のねばりを持ち、このねばりが糖質の吸収を緩やかにして

血糖値の急上昇を防ぎ、胃を通過していく過程でコレステロールや胆汁酸を吸着し排出する働きもあるのです。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維に分類されるのが、穀類・豆類・野菜に含まれるセルロース、きのこ類に含まれるグルカン

海藻類に含まれるヘミセルロース、甲殻類の殻に含まれるキチン酸などが挙げられます。

 

不溶性食物繊維の主な働きは、腸内環境の改善やデトックス効果に期待できます。腸のぜん動運動を活発にし

便秘を解消させ体の有害な物質を排出させ代謝されやすい体になりダイエット効果も期待されます。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維について簡単に解説させていただきましたが、ダイエットにより効果的なのは

不足しがちな、水溶性食物繊維と言われ水溶性1:不溶性2のバランスで摂取する事で、便秘の解消や

腸内環境を良好にする効果が期待でき、美容や健康にもつながります。

 

食物繊維の効果や摂取のポイント

食物繊維のダイエット効果

  • 水分を吸収し膨らむので食欲を抑える
  • 血糖値を緩やかに上昇ささる
  • 便秘解消
  • コレステロールを排泄する

上記が挙げられ、ダイエットには食事の10分前に取ることをおすすめします。

次に食物繊維を有効に取るためのポイントをご紹介します。
野菜は茹でたり煮たり加熱することによってかさが減るので、少量で効率よく補うことが出来ます。

米は玄米や七分づき米を選び、パンの場合はライ麦パンや全粒米粉パンやなどを選びましょう。

果物は皮に食物繊維が豊富に含まれているので皮をむかずにそのまま食べることをおすすめいたします。

時間や手間をかけたくない方は、スーパーやコンビニなどで売られているカット野菜や食物繊維が含まれているジュースや乾燥わかめなど利用すると手間なく食べることができますね。
最近では、食物繊維のサプリが多く出ているのでサプリを買えば外食時などいつでも飲むことができます。

食物繊維のとりすぎには注意!

食物繊維を取っているからといって食べすぎはよくありません。食物繊維をとっている安心感から食べすぎてしまわないようにしましょう。
食物繊維が多く含む食材は、ひじき・わかめ・いんげん・ごぼう等素材自体の味が薄いものが多いので調理の際、余計な油や糖質を使ってしまいがちです。

これではせっかくのダイエット効果も期待できなくなってしまいますので、味付けに工夫してみましょう。

食物繊維を上手に摂って健康的にダイエット

食物繊維はダイエットをしたい方にとてもおすすめの栄養素です。
基礎知識や取り方解説させていただきましたので、この記事を参考に食物繊維を利用したダイエットに挑戦してみませんか?
ダイエットにはかなり大切な役割を果たしていますが、食物繊維ばかりを食べないようにしましょう。

偏った食事をすることによって痩せることが難しくなってしまうのです。普段に食事をバランスよくとり

その中で食物繊維を一つの食材として上手く利用することが食事ダイエットに必要なことです。
食物繊維を上手く利用し、体の中からキレイにしダイエットに役立てましょう。